きょうという日

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の暮らす街

<<   作成日時 : 2009/09/05 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

実はひそかに作家が多い気がする。

坪田譲治
内田百
小川洋子
重松清
高嶋哲夫
あさのあつこ・・・

今年は内田百關カ誕120年
ということで、地元紙で内田百闕Dきのインタヴュー特集があった
これはまた私にとっては垂涎もののラインナップ
小川洋子
川上弘美
安野モヨコ・・・
で、これを読んだ結果、こりゃ百閧読まなくっちゃと痛感しました。
まあ、そのうちにね。





第一阿房列車 (新潮文庫)
新潮社
内田 百けん
ユーザレビュー:
国鉄1950年代明治 ...
近代紀行文学の代表作 ...
列車に乗る心 195 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
地元作家の本は景色と言葉になじみがあるので、本を読む前からかなり思い入れが強い作品になりますよね。
最近重松清の本を読んでいて鳥取も言葉が似ているなぁ〜と思っていました。内田百閨A、未読です。
ありんす
2009/09/06 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の暮らす街 きょうという日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる