きょうという日

アクセスカウンタ

zoom RSS 管仲

<<   作成日時 : 2009/06/21 06:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

宮城谷昌光


管仲〈上〉 (文春文庫)
文藝春秋
宮城谷 昌光
ユーザレビュー:
名宰相の凄まじい一生 ...
名言の塊のような書素 ...
諸葛孔明が敬愛した古 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



管鮑の交わりのことわざで知られる
斉の宰相、管仲の生涯を描く
前半は、盟友となる鮑叔との出会いから棺公の即位まで。

圧倒的に上巻の方がおもしろく読めた。
鮑叔がのびのびとした筆致で描かれるのに対して、管仲は苦悩の人であった
ということに視点があるためか、
管仲の凄まじさが悪く言えばさらりと書かれちゃっている。

下巻に入ると、棺公を名君へ育て上げるメイキング談ともいうべきくだりが続く。
中国春秋時代という遙かな時代のはずが、
なるほどと思うことのなんと多いこと。

現代社会の教訓のように読まれることが多いのかもしれないけれど
私としては、史料からここまで生き生きとした人の生き様を
引き出して伝えてくれる宮城谷の筆力!ここを訴えたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
管仲 きょうという日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる