きょうという日

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然の祝福

<<   作成日時 : 2008/10/06 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


小川洋子 著
静かな、スリリングな作品である。

私小説なのかと読み進み、いや違うのかと読みとどまり。
描写のリアルさ、筆力、手応え十分でした。

芥川賞受賞作が、いまひとつピンときていなかったため
なかなか手の伸びない作家のひとり。
外れがない力量は、まさかの時(・・・急に読む本が必要)に魅力的。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小川さんの、「妊娠カレンダー」悪くないとは思いましたよ。でも、「博士の・・・」がやっぱり売れてしまったので、そのイメージが強いかな。
あおのるり
2008/11/28 08:18
るりさん、こちらにも!ありがとうございます。
妊娠カレンダーはレモンのことばかりが記憶に残ってるんですが。
で、それ以後ちょっと気持ち悪い作風なのかと思っていた時期があります。
博士・・・はご当地モノの要素もありで、ヨカッタです。

2008/12/01 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
偶然の祝福 きょうという日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる