きょうという日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007

<<   作成日時 : 2008/01/05 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

遠藤周作『万華鏡』
村上春樹『若い読者のための短編小説案内』
ダン・ブラウン『天使と悪魔』上中下
山崎豊子『華麗なる一族』上中
山崎豊子『華麗なる一族』下
川上弘美『古道具 中野商店』
絲山秋子『海の仙人』
島田雅彦『彗星の住人』
藤原伊織『雪が降る』
川上弘美『龍宮』
島田雅彦『美しい魂』
川上弘美『光ってみえるもの、あれは』
奥田英朗『インザプール』
恩田陸『クレオパトラの夢』
藤原伊織『てのひらの闇』
島田雅彦『エトロフの恋』
吉田修一『パレード』
奥田英郎『ウランバーナの森』
川上弘美『あるような、ないような』
角田光代『草の巣』
篠田節子『神鳥(イビス)』
山田宗樹『黒い春』
川上弘美『椰子、椰子』
山田宗樹『直線の死角』
篠田節子『第4の神話』
    『アクアリウム』
『レクイエム』
川上弘美『ざらざら』
篠田節子『逃避行』
山本文緒『プラナリア』
篠田節子『百年の恋』
山田宗樹『ランチブッフェ』
吉田修一『7月24日通り』
糸井重里『ゲドを読む』
石田依良『エンジェル』
重松清『カシオペアの丘で』上下
ル・グウィン『ゲド戦記T 影とのたたかい』
吉田修一『最後の息子』
篠田節子『砂漠の船』
奥田英朗『東京物語』
山本文緒『恋愛中毒』
ル・グウィン『ゲド戦記U こわれた腕環』
吉田修一『初恋温泉』
山本文緒『紙婚式
伊坂幸太郎『グラスホッパー』
小池真理子『狂王の庭』
吉田修一『熱帯魚』
吉田修一『パークライフ』
伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』
ル・グウィン『ゲド戦記V さいはての島へ』
吉田修一『日曜日たち』
吉田修一『ランドマーク』
アリスン・ブレナン『ザ・プレイ』
塩野七生『法王庁殺人事件』
吉田修一『東京湾景』
ル・グウィン『ゲド戦記W 帰還』
小川洋子『ブラフマンの埋葬』
真山仁『ハゲタカ 上』
恩田陸『MAZE』
真山仁『ハゲタカ 下』
真山仁『ハゲタカ2 上』
真山仁『ハゲタカ2 下』
北森鴻『孔雀狂想曲』
吉田修一『春、バーニーズで』
ル・グウィン『ゲド戦記X アースシーの風』
絲山秋子『イッツ・オンリー・トーク』
藤原伊織『蚊トンボ白髭の冒険』
恩田陸『ネバーランド』
吉田修一『長崎乱楽坂』
高嶋哲夫『M8』
高嶋哲夫『ミッドナイトイーグル』
高嶋哲夫『イントゥルーダー』
ル・グウィン『ゲド戦記外伝』
高嶋哲夫『スピカ』
ヒュー・ロフティング『ドリトル先生と秘密の湖』(上)
高嶋哲夫『流砂』
東野圭吾『探偵ガリレオ』
ヒュー・ロフティング『ドリトル先生と秘密の湖』下
高嶋哲夫『ペトロバグ』
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」1
宮本輝『流転の海』
宮本輝『地の星』
宮本輝『血脈の火』
宮本輝『天の夜曲』

吉田修一10
篠田節子7
川上弘美6
高嶋哲夫6
と、初読み作家も登場。
締めが輝さんというのが、原点回帰のような一年でした(よくわからん)。
100冊の目標には達しなかったけれど、
いろいろ読んだなあ。
短篇でかせいだような気もしますが・・・

そのほか、再発見でよかったなああというのが
『ゲド戦記』
それと、年末の輝さんでした。


画像
画像
画像

2008年の最初の読書は
レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』
村上春樹訳、というのにつられています。
今年はどんな本に出逢えるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007 きょうという日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる