きょうという日

アクセスカウンタ

zoom RSS 草の巣

<<   作成日時 : 2007/03/23 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


角田女史の短編二編。
表題作と「夜かかる虹」

うーむ。読んでいるとイライラする。
でも読んでしまう。読み終えて、またイライラする。
という感想。

どこへも行き着かない。最後までそんな風に終わってしまう。
現代的なのかもしれない。
ある意味「今」をとらえているのかもしれない。

読まされてしまったと思い、またイライラするわけである。
草の巣
草の巣

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今・・角田氏の「トリック」読んでます(*゚▽゚)b
イライラする本かあ〜〜(-_-)ウーム
イライラしに行ってみようかな・・・。
はなみずき
2007/03/29 14:05
おっはなみずきさん。こんばんは。
イライラしたいっすか?
私としては角田本にイライラする確率、けっこう高いのです。
おためしくださいm(_ _)m

2007/03/29 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
草の巣 きょうという日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる